グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは?

グループホームは、認知症の緩和を促すことを目的とした地域密着型サービスのひとつです。
5名から9名程度の少人数で、ケアスタッフと共同生活を営みます。
入居者様がそれぞれに役割を持って、自立した生活が送れるように、サポートします。


ぬくもりの心をお届けします

スタッフとの会話やお仲間とのふれあい、季節の行事など、毎日の暮らしを楽しく快適にお過ごしいただけます。
生活習慣や、その日の気分を尊重し、一人ひとりにあわせたサービスを心がけています。
私たちは、もう一人の家族をめざします。ご家族との心のつながりを大切に、日々の情報も定期的にお知らせします。
いつでもお気軽にお越しいただけます。

  • 「安らぎのある毎日を」 遊楽苑では、家庭的な雰囲気のなかで、やすらぎのある毎日を過ごしていただくことを大切にしています。
    入居者様の生活の場であるとの考え方から、ご本人やご家族の希望があれば、人生のゴールまで遊楽苑で過ごしていただくこともできます。

サービスを提供する施設