福祉の里

フリーダイヤル
ホーム > サービス案内 > 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
サービス案内

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

service11-1

認知症対応型共同生活介護とは

認知症の緩和を促すことを目的とした地域密着型サービスのひとつです。
5名から9名程度の少人数でスタッフと共同生活を営み、入居者様がそれぞれに役割を持って自立した生活が送れるようにスタッフがお手伝いします。

遊楽苑の特徴

家庭的な雰囲気のなかで、安らぎのある毎日を過ごしていただくことを大切にしています。
入居者様の生活の場であるとの考え方から、ご本人やご家族様の希望があれば、最期まで遊楽苑で過ごしていただくこともできます。